知られざる
EPAのパワー

血管年齢を若く保つ!動脈硬化にEPA

1EPA量の減少で血管の病気が増加!

食の欧米化で肉中心の食生活になり、日本人のEPA不足が深刻化するに従って、動脈硬化など血管が詰まるリスクが上昇。食生活の変化とともに、心臓病や脳梗塞で命を落とす人が年々増えています。

グラフ:EPA消費量と動脈硬化性疾患死亡率推移
参考文献:泰 葭哉ら「わが国の栄養におけるEPAとEPAエチルエステルの血清脂質に対する効果」/第3回心臓血管薬物治療法国際会議 サテライト・シンポジウム 講演記録集 1989年10月19日(Medical Tribune)

2ヒトは血管から老いていく

血管は、からだに酸素や栄養素を運搬するためにからだ中に建設された道路のようなものです。

しかしながら人間が長く生きている間にその道路にはいろいろなゴミが溜まったり、キズができて傷んだりします。
この道路のメンテナンスに、EPAが有効に働くのです。

そのゴミの正体は、コレステロールや中性脂肪などです。

実際には、コレステロールや中性脂肪には、これらの脂質を運搬する...続きを読むリポタンパクというものが存在しており、それらに包まれた大きな分子として血管内を移動しているのです。

こういった担体とともに脂質が血管壁の内部へ取り込まれると、そこへこれらの老廃物を処理するためにマクロファージ※1という細胞が集まってきます。

マクロファージは、貪食細胞(どんしょくさいぼう>といって、生体にとって不要な異物や老廃物を食べて細胞の中で処理してしまう役目を果たす細胞なのですが、老廃物が多くなると細胞内部に老廃物を溜め込んだまま、泡沫化細胞となってそこへ蓄積してしまうのです(アテロームの蓄積)。

そうなると、血管はその部分が肥厚し、内側へ盛り上がり、内腔が狭くなった状態になります。

これがアテローム性動脈硬化です。アテロームでできた血管内腔への盛り上がりの部分をプラークと呼んでいます。

図:アテローム性動脈硬化
画像出典:国立循環器病研究センターHP
URL:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/disease/atherosclerosis.html

このようなプラークが形成された血管では、血管を形成している細胞に酸素や栄養が行き渡らなくなり、新しい血管の細胞も作れなくなるため、血管自体が固くもろく壊れやすい古い血管となってしまいます。

古びたビニールホースのイメージです。 血管は、血流から受ける圧力に常にさらされており、圧力に耐えなければなりません。しかし、動脈硬化によってもろくなった血管内皮は圧力に耐え...続きを読む切れずヒビが入ってしまうという事態が起こります。

そうなると血小板※2がそこへ集まり凝集し血栓ができるのです。血栓は時に部分的にプラークから分離して、血流に乗って全身に運ばれ、心臓、脳などの血管に詰まります。

このような動脈硬化に端を発する心筋梗塞や脳梗塞発症への過程は、ゆっくりと時間をかけて進行します。

一般に40歳代から動脈硬化は発症するといわれていますが、近年は10歳代の子供にも動脈硬化の例が報告されています。

これらの心血管系の緊急事態に至るプロセスの中で、EPAは、どのようにその進行を抑制してくれるのでしょうか?

  • ※1 動物の組織内に分布する大形のアメーバ状細胞。生体内に侵入した細菌などの異物を捕らえて細胞内で消化するとともに、それらの異物に抵抗するための免疫情報をリンパ球に伝える。大食細胞。貪食細胞
  • ※2 血小板(けっしょうばん、英名Platelet)は、血液に含まれる細胞の一種である。核を持たない。血管が損傷したときに集合してその傷口をふさぎ(血小板凝集)、止血作用を持つ

3EPAの働き

1番目は、EPAの中性脂肪を下げる働きが挙げられます。

動脈硬化を起こす原因の一つにコレステロールや中性脂肪などの脂質とそれらを運搬しているリポタンパクが、血管内膜へ浸潤していくプロセスがあることは前項で述べましたが、EPAを摂取することにより、血液中の中性脂肪の濃度を下げることができることは、多くの実験データから証明されています。

「EPA含有飲料」囲繞時の血中脂肪値の変化量
日本臨床栄養学会雑誌33(3.4):120-135,2011
血中中性脂肪値が120-200mg/dlを中心としたボランティア計101名(男性61名、女性40名)を対象に、EPA含有飲料とオリーブ油配合飲料を対照飲料として無作為に割り付け、12週間引用してもらい、血中中性脂肪の変化を主評価項目として有効性の検討ならびに安全性の確認を行った。その結果、EPA含有飲料を飲んだグループは血中中性脂肪値が摂取前値に比べ35.3~37.8mg/dl低下した。(定価率は19~20%)また正常値の人が用いても問題なく、安全性も確認された。
※血中中性脂肪低下作用には個人差があります。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを

2番目のEPAの効果はプラークの安定化に関わるものです。

プラークの安定化は最近新たに見いだされた新しいEPAの機能であり、心臓血管イベントの抑制に大きく貢献しているといわれています。

EPAを摂取するとプラーク内の脂質に占めるEPAの割合が高まり、線維性被膜の厚さが厚くなり、プラークのカーブが平坦に近くなることが報告されています。

結果としてプラークが安定化して破裂しにくくなります。

図:安定プラークと不安定プラーク

3番目の効果はEPAの血圧低下作用です。

EPAの摂取が、赤血球の膜の流動性を高めて血液粘度を下げ、血圧低下の方向に働くことについては多くの論文が発表されています。

また、比較的魚油摂取の多い日本人を対象にした研究でも、1日2.7gのEPA摂取で収縮期血圧が有意に下がることが報告されています。

4番目の役割は血小板凝集抑制効果です。

つまり血栓をできにくくするということです。

EPAによって体内の血小板の活性化を鎮静化することは、血栓形成による心血管病の発症を予防するだけでなく、メタボリックシンドロームから血小板の活性化によって増悪する糖尿病、高血圧、脂質異常症などへ進展していくことを防ぐためにも有効であると考えられています。

図:安定プラークと不安定プラーク
COX : cyclooxygenase シクロオキシゲナーゼ
原文:寺野隆ほか 「EPA-高動脈硬化、抗血栓作用治療学」1995; 29: 1197-1201